相続問題・不倫問題は弁護士に

新着情報

2014/02/24
離婚を更新
2014/04/23
詐欺を更新
2013/10/15
相続とはを更新
2013/10/15
不倫とはを更新

ピックアップコンテンツ

  • 離婚

    離婚とは、生存している夫婦が婚姻関係を解…

  • 詐欺

    詐欺とは、相手から金品を騙し取る行為であ…

  • 相続とは

    相続とは、亡くなった人の遺産をその配偶者…

  • 不倫とは

    法律上の「不倫」とは、「配偶者のあるもの…

弁護士とは

弁護士とは、一言で言えば「法律の専門家」である。
弁護士は、様々な法律に関する事務手続きや書類作成を行なうことのできる資格を有している。
日本においては、このような資格・職権は弁護士のみに与えられている。

また、様々なトラブルに対して法的手段によってトラブルの解決にあたるのも重要な役目の一つである。
トラブルの当事者の代理人や事件の被告人の弁護人となって、法廷で主張や弁護を行なう。
職務内容は多岐に渡り、様々である。

一般的には、法律事務所に所属して職務にあたる。

民事事件

minji

弁護士が扱う仕事は、民事事件と刑事事件に大別することができる。

民事事件とは、平たく言えば日常生活で起こるトラブルのことである。
例えば、近隣トラブルや相続問題・不倫問題・離婚・交通事故・金銭の貸し借りに関するトラブルなどがそうである。
こういったトラブルにおいて、法的措置に関する相談や和解交渉や示談交渉や訴訟を取り扱う。
当事者間では解決されにくいトラブルに対して法的な根拠を元に解決を図る。

刑事事件

keijijiken

刑事事件とは、刑法の適用によって裁かれるべき事件のことである。被害者が加害者に対して法的措置を求めるのが民事事件、検察官が加害者を起訴して法的措置を求めるのが刑事事件である。
刑事事件の際には、弁護士は被告人や被疑者に代わって主張や弁護を行なう。
これは、十分な操作や証拠がないままに有罪になってしまうのを防ぐためである。
冤罪を防ぎ正当な判決が下されるように導くのも、重要な仕事の一つである。

司法試験

shiken

弁護士になるためには、まずは司法試験に合格しなければならない。
一般的には、法科大学院の家庭を終了した後に司法試験を受ける。
合格した場合、司法研修所で司法修習を受ける。この期間には裁判所・検察庁・弁護士会においての一年間に渡る研修を行なう。
その後、修了試験に合格して初めて資格が与えられるのである。

司法試験は非常に難易度の高い試験である。
この試験に合格するために何年も受験勉強を続ける志願者も少なくない。
大きな責任を伴う職業だけに、十分な能力のある者のみが職に就くことができるのである。


おすすめリンク

離婚訴訟や慰謝料問題に立ち向かう弁護士の考え;離婚専門・遺産相続弁護士の日々雑感
詐欺被害など弁護士に相談するならこちらで|消費者問題解決.net

おすすめ情報

離婚

離婚とは、生存している夫婦が婚姻関係を解消することである。 原因は様々で、性格の不一致、ドメスティックバイオレンス、不倫、金銭問題などがあります。 種類 離婚の方法には、以下のよ…

離婚